トップページ
プロフィール
アクションプラン
これまでの実績
フォトレポート
アクションプラン実施状況 実施状況

アクションプラン3 いつまでも健康で活気あるともに生きるまちに…

健康寿命を延ばしていきいきライフを実現

健康寿命を延ばすために公民館などを中心にさわやか健康教室を開催します。また、市役所にお年寄り専門の困りごと相談サポートセンターをつくります。

[取組状況]

【主管課:中央公民館】

  • 中央公民館及び市内5ヶ所の地区公民館において、「さわやか健康教室」と題した健康をテーマとする講座を実施します。
<平成30年度の実績>
  • 中央公民館で、10月4日、11日、18日、25日に「知って得する健康法!」と題する4回連続の講座を実施し、延べ125人が参加しました。
  • 東朝霞公民館で、9月15日に「男性のための心と身体のヨガ」、10月4日に「心身を整える骨盤体操」を実施し、延べ39人が参加しました。
  • 西朝霞公民館で、5月29日に「笑って楽しい脳トレ&筋トレ」、2月20日に「ボクササイズ&アロマヨガ」、3月27日に「フレッシュアップ体操で心も体も元気に!」を実施し、延べ53人が参加しました。
  • 南朝霞公民館で、6月8日、6月15日に「初めての日本舞踊~藤娘を踊ってみよう~」、9月29日に「歌って、踊って、カラフィット♪」、1月31日に「誰でも簡単!肩こり改善ストレッチ」を実施し、延べ72人が参加しました。
  • 北朝霞公民館で、7月4日に「バランスボールで体幹強化!」を実施し、19人が参加しました。
  • 内間木公民館で、6月30日、7月28日に「“足裏チェック”でいつまでも健康で美しく~からだのゆがみを直して10歳若返る~」、1月30日に「バランスボールで身体を動かし、みんな健康になろう!」を実施し、延べ49人が参加しました。
<令和元年度の実績>
  • 中央公民館で、10月3日、10日、17日、24日「健康知識あれこれ」と題する4回連続の講座を実施し、延べ105人が参加しました。
  • 東朝霞公民館で、7月24日に「東京五輪音頭-2020-を踊ろう」、8月20日に「身体にやさしいチェアヨガ」を実施し、延べ59人が参加しました。
  • 西朝霞公民館で、7月25日に「東京五輪音頭-2020-を踊ろう」、9月28日に「サタデーピラティス」を実施し、延べ54人が参加しました。
  • 南朝霞公民館で、5月30日に「若さを保つ貯筋体操」、6月26日に「踊ろう!東京五輪音頭-2020-」を実施し、延べ48人が参加しました。
  • 北朝霞公民館で、7月24日に「フォークダンスでロコモ予防」を実施し、14人が参加しました。
  • 内間木公民館で、6月15日、6月22日に「美しい姿勢と健康的な歩き方~からだのゆがみを直して10歳若返る~」、10月30日に「正しい姿勢のための筋力UP&ストレッチ」、11月27日に「やさしいヨガで健康に~ミニボールでバランス感覚をつかもう~」を実施し、延べ94人が参加しました。
<令和2年度の実績>
  • 中央公民館で、10月22日に「あなたの睡眠を見直しませんか?」、12月3日に「椅子ヨガ講座」と題する講座を実施し、延べ43人が参加しました。
  • 東朝霞公民館で、11月20日に「免疫力UP!気功体験」と題する講座を実施し、12人が参加しました。
  • 西朝霞公民館で、10月21日に「ゆる!リズムエアロビクス」と題する講座を実施し、延べ19人が参加しました。
  • 南朝霞公民館で、9月16日に 「アロマでテラピーで眼精疲労を解消しよう」と題する講座を実施し、12人が参加しました。
  • 北朝霞公民館で、11月4日に「薬の疑問?薬と上手に付き合うために」を、11月13日に「身近なタオルで健康寿命を伸ばそう」と題する講座を実施し、延べ29人が参加しました。
  • 内間木公民館で、9月26日、10月3日に「初心者ミニテニス教室」を、9月29日に「おうちでできる免疫力アップ体操」と題する講座を実施し、延べ25人が参加しました。
  • 令和2年度一般会計予算に200千円を計上します。
    ※内訳:中央公民館 80千円、東朝霞公民館 20千円、西朝霞公民館 20千円、南朝霞公民館 30千円、北朝霞公民館 20千円、内間木公民館 30千円

【主管課:健康づくり課】

  • 全ての世代の健康増進により、健康寿命を延ばすことを目的として、遊歩道が整備された黒目川を活用し、健康ウォークラリーを行います。
  • 平成29年度から「黒目川健康ウォークラリー」を開始しました。
  • 平成31年度は、シティプロモーション課と協力して、市の見どころをまわるPR事業を兼ねた「黒目川健康ウォークラリー×ウォークロゲイニングinむさしのフロントあさか2019」として開催しました。
    平成29年度 5月13日 申込者数97人(雨天により中止)
    平成30年度 5月12日 申込者数154人 参加者数 116人
    平成31年度 5月18日 申込者数132人 参加者数 116人
  • 令和2年度一般会計予算に200千円を計上しましたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中止となりました。

【主管課:政策企画課】

  • 新たな行政需要等に対応するため、行政組織機構改革に係る条例改正を平成29年12月及び平成30年3月に行い、高齢者のための困りごと相談サポートセンター機能を有する福祉相談課を平成30年4月1日に新設しました。

振り込め詐欺防止のための電話録音機を無償貸与

振り込め詐欺被害の防止に役立つ通話自動録音機を高齢者世帯などに無償で貸与します。

[取組状況]

【主管課:地域づくり支援課】

  • 65歳以上のひとり暮らしの方、65歳以上の高齢者のみの世帯の方、同居している方が勤務等で65歳以上の方のみとなることが常態の世帯、その他特別の事情がある方を対象に利用者の募集を行います。
  • 令和2年度の取り組み
    7月
    利用希望者の募集、貸与開始(納入業者が訪問して設置します)
    (平成29年度貸与数 51台)
    (平成30年度貸与数 34台)
    (平成31(2019)年度貸与数 34台)
    令和3年1月1日現在の貸与数 33台
  • 令和2年度一般会計予算に962千円を予算計上しました。

総合体育館などにエアコンを整備

4年間の継続事業(H29~R2)で大規模改修を行う総合体育館と建て替えを検討している武道館にエアコンを設置します。

[取組状況]

【主管課:生涯学習・スポーツ課】

  • 総合体育館については、平成29年度に基本設計、実施設計を行い、平成30年度から令和2年度の3か年で施設改修工事を行いました。
  • 第1期工事 終了しました

    【工  期】平成30年12月17日~令和元年6月28日
    【改修内容】
    メインアリーナ・サブアリーナ 輻射式エアコン設置工事
    多目的トイレ、2階男子及び女子トイレ改修等

    第2期工事 終了しました

    【工  期】令和元年9月26日~令和2年7月22日
    【改修内容】
    メインアリーナ・サブアリーナ 天井改修及び床改修
    エレベーター設置工事 外壁・屋上防水工事
    トレーニング室・ロビー 天井改修及びエアコン設置工事
    廊下 エアコン設置工事・非常用発電機設置工事及びキュービクル
    改修工事 ガラス飛散防止工事及び照明器具
    のLED化改修工事 2階観覧席に車いす専用スペース設置(8席)
    駐車場歩行者専用通路設置

  • 武道館については、建て替え等の際に、空調設備を設置します。

根岸台の工場跡地の再活用の促進

根岸台の積水工場跡地の再活用については、地域の発展に寄与するものとなるように、所有者である積水化学工業㈱と十分に協議を進め、市として必要な支援・協力を行います。

[取組状況]

【主管課:まちづくり推進課】

  • 平成27年7月に事業者が「積水化学工業株式会社東京工場跡地利用計画書」(以下「利用計画書」という。)を市に提出しましたが、平成28年5月に商業施設の規模の見直しの申し出がありました。
  • 朝霞市都市計画マスタープラン(平成28年11月改訂)(以下「都市マス」という。)の将来都市構造に「地域拠点」及び「まちづくり重点地区」として位置づけました。
  • 平成29年5月に事業者から商業施設の規模等を見直した利用計画書の改訂案が市に提出されました。
  • 都市マスや利用計画書に基づく土地利用とするため、平成30年3月用途地域を現在の工業地域から近隣商業地域に変更する等の都市計画変更を行いました。
  • 平成31年3月に戸建住宅等予定地について、開発工事が完了したことから、新設された道路及び公園を地区計画に位置付けする都市計画変更を行いました。

【主管課:開発建築課】

  • 事業者から、平成29年11月に、全体敷地のうち戸建住宅等予定地について「朝霞市開発事業等の手続及び基準等に関する条例」(以下「開発手続条例」という。)に基づく開発事業等構想届出書が市に提出されたことから、当該事業に関係する可能性のある課に対して意見照会を行い、適切に助言、指導を行いました。
  • 事業者が、開発手続条例に基づき、平成29年12月に近隣住民の方を対象にした説明会を根岸台市民センターにおいて開催し、その後、説明会に参加されなかった方に対し、個別説明を実施しました。
  • 事業者から、平成30年2月に、戸建住宅等予定地について「開発手続条例」に基づく開発事業等協議申請書及び都市計画法第32条の規定に基づく公共施設の管理に関する協議及び公共施設管理者の同意申請書が市に提出されたことから、当該事業に対し協議が必要な関係所管課において関係法令等に基づき内容を十分精査するとともに、適切な助言、指導を行い、事業者との必要な協議を終えたことから、開発手続条例に基づく協議書及び公共施設の管理に関する協議書を締結し、開発行為許可を行いました。
  • 事業者から、平成30年10月に、全体敷地のうち商業施設及び集合住宅予定地について「開発手続条例」に基づく開発事業等構想届出書が市に提出されたことから、当該事業に関係する可能性のある課に対して意見照会を行い、適切に助言、指導を行いました。
  • 平成30年12月に、戸建住宅等予定地について、開発工事が完了したことから、工事完了検査を実施し、完了公告を行いました。
  • 事業者から、平成31年1月に、集合住宅予定地について「開発手続条例」に基づく開発事業等協議申請書及び都市計画法第32条の規定に基づく公共施設の管理に関する協議及び公共施設管理者の同意申請書が市に提出されたことから、当該事業に対し協議が必要な関係所管課において関係法令等に基づき内容を十分精査するとともに、適切な助言、指導を行い、事業者との必要な協議を終えたことから、開発手続条例に基づく協議書及び公共施設の管理に関する協議書を締結し、開発行為許可を行いました。
  • 事業者から、令和元年6月に、商業施設予定地について「開発手続条例」に基づく開発事業等協議申請書及び都市計画法第32条の規定に基づく公共施設の管理に関する協議及び公共施設管理者の同意申請書が市に提出されたことから、当該事業に対し協議が必要な関係所管課において関係法令等に基づき内容を十分精査するとともに、適切な助言、指導を行い、事業者との必要な協議を終えたことから、開発手続条例に基づく協議書及び公共施設の管理に関する協議書を締結し、開発行為許可を行いました。
  • 令和2年9月に、商業施設予定地について、開発工事が完了したことから、工事完了検査を実施し、完了公告を行いました。

旧第四小学校跡地の再利用で賑わいと雇用を創出

国道254号(川越街道)に面した立地を活かし、新たな賑わいと雇用を生み出すための拠点として、民間企業等との連携を視野に入れた再活用を目指します。

[取組状況]

【主管課:まちづくり推進課】

  • 朝霞市都市計画マスタープラン(平成28年11月改訂)(以下「都市マス」という。)の将来都市構造に「まちづくり重点地区」として位置づけています。
  • 跡地の利用方針が決定したことから、平成30年6月に都市マスの修正を行いました。また、平成30年8月に用途地域を工業地域に変更する等の都市計画変更を行いました。

【主管課:開発建築課】

  • 事業者から、平成31年1月に、「朝霞市開発事業等の手続及び基準等に関する条例」(以下「開発手続条例」という。)に基づく開発事業等構想届出書が市に提出されたことから、当該事業に関係する可能性のある課に対して意見照会を行い、適切に助言、指導を行いました。
  • 事業者から、平成31年4月に、「開発手続条例」に基づく開発事業等協議申請書が市に提出され、当該事業に対し協議が必要な関係所管課において関係法令等に基づき内容を十分精査するとともに、適切な助言、指導を行い、事業者との必要な協議を終えたことから、開発手続条例に基づく協議書を締結しました。

【主管課:産業振興課】

  • 平成29年6月、市の庁議において、跡地の利用方針を商業系から工業系の土地利用に変更することを決定しました。
  • 平成29年6月、市議会全員協議会にて、東証一部上場企業(製造業)が、跡地に新事業所の建設を検討していることを報告しました。
  • 平成29年11月~平成30年4月 土壌汚染調査を実施しました。
  • 平成30年6月、新電元工業株式会社と、事業用定期借地契約締結に向けた覚書を取り交わしました。
  • 平成30年6月~平成31年2月 校舎の取壊しを行いました。
  • 平成30年6月~平成31年3月 埋蔵文化財の試掘調査を行いました。
  • 平成30年7月、市民説明会を開催し、これまでの経緯や進捗状況等について説明しました。
  • 平成31年4月~令和元年7月 埋蔵文化財の発掘調査を行いました。
  • 令和元年9月、新電元工業株式会社と、事業用定期借地権設定契約を締結しました。