トップページ
プロフィール
アクションプラン
これまでの実績
フォトレポート
アクションプラン実施状況 実施状況

アクションプラン3 いつまでも健康で活気あるともに生きるまちに…

健康寿命を延ばしていきいきライフを実現

健康寿命を延ばすために公民館などを中心にさわやか健康教室を開催します。また、市役所にお年寄り専門の困りごと相談サポートセンターをつくります。

[取組状況]

【主管課:中央公民館】

  • 平成29年度から中央公民館及び市内5ヶ所の地区公民館において、「さわやか健康教室」と題した健康をテーマとする講座を実施します。
  • 5月13日、6月30日に内間木公民館で「足裏チェックで姿勢美人、運動と脳の活性化」を実施しました。
  • 6月21日に南朝霞公民館で「輪になって朝霞音頭を踊ろう」を実施しました。
  • 9月9日、29日に東朝霞公民館で「ヨガ、骨盤体操」を実施する予定です。
  • 10月に中央公民館で実施する予定です。(内容未定)
  • 11月に北朝霞公民館で実施する予定です。(内容未定)
  • 12月、平成30年2、3月に西朝霞公民館で「ノルディックウォーキング他」を実施する予定です。
  • 平成29年度一般会計予算に200千円を計上しました。
    ※内訳:中央公民館 80千円、東朝霞公民館 20千円、西朝霞公民館 20千円、南朝霞公民館 30千円、北朝霞公民館 20千円、内間木公民館 30千円

【主管課:健康づくり課】

  • 全ての世代の健康増進により、健康寿命を延ばすことを目的として、遊歩道が整備された黒目川を活用し、健康ウォークラリーを行います。
  • 平成29年度から「黒目川健康ウォークラリー」を開始しました。
    平成29年度 5月13日 申込者数 97人(雨天により中止)
  • 平成29年度一般会計予算に500千円を計上しました。

【主管課:政策企画課】

  • 新たな行政需要等に対応するため、行政組織機構を「朝霞市行政組織機構及び職員定員管理に関する方針(平成29年4月17日庁議決定)」に基づき、見直しを進めており、高齢者のための困りごと相談サポートセンター機能を有する組織について検討しています。

振り込め詐欺防止のための電話録音機を無償貸与

振り込め詐欺被害の防止に役立つ通話自動録音機を高齢者世帯などに無償で貸与する制度を平成29年度から開始します。

[取組状況]

【主管課:地域づくり支援課】

  • 平成29年度は、貸与する機種及び対象者を検討するとともに、納入業者の決定、利用希望者の募集を行います。
  • 平成29年度スケジュール
    5月
    貸与機種の決定及び対象者の規定を作成しました。
    貸与機種については、電話機の呼び出し音が鳴る前に発信者に対し、振り込め詐欺などの犯罪被害防止のために会話内容を自動録音する旨の警告メッセージを流し、通話の際には自動的に会話を録音するものとし振り込め詐欺などの抑止効果が期待できるものとしました。
    貸与対象者については、65歳以上の方のみで構成される世帯、又はこれに準ずる世帯の方、特に必要があると認められる方と規定しました。
    7月
    納入事業者の決定(予定)
    9月
    利用希望者の募集開始(予定)
    10月
    貸与開始(予定)(納入業者が訪問して設置します)
  • 平成29年度一般会計予算に3,835千円を予算計上しました。

総合体育館などにエアコンを整備

大規模改修(H30)を予定している総合体育館と建て替えを検討している武道館にエアコンを設置します。

[取組状況]

【主管課:生涯学習・スポーツ課】

  • 総合体育館については、平成29年度に基本設計、実施設計を行い、平成30年度に本工事を行う予定です。工事内容については、空調設備設置、屋上防水、外壁・床改修、エレベーター設置などを行う予定です。
  • 平成29年度一般会計予算に40,988千円を予算計上しました。
  • 武道館については、建て替えの際に、空調設備を設置します。

根岸台の工場跡地の再活用の促進

根岸台の積水工場跡地の再活用については、地域の発展に寄与するものとなるように、所有者である積水化学工業㈱と十分に協議を進め、市として必要な支援・協力を行います。

[取組状況]

【主管課:まちづくり推進課】

  • 平成27年7月に事業者が「積水化学工業株式会社東京工場跡地利用計画書」(以下「利用計画書」という。)を市に提出しましたが、平成28年5月に商業施設の規模の見直しの申し出がありました。
  • 朝霞市都市計画マスタープラン(平成28年11月改訂)の将来都市構造に「地域拠点」及び「まちづくり重点地区」として位置づけました。
  • 平成29年5月に事業者から商業施設の規模等を見直した利用計画書の改訂案が市に提出されました。現在、この改訂案に基づき、都市計画変更の手続きを行っています。

【主管課:開発建築課】

  • 事業者から「朝霞市開発事業等の手続及び基準等に関する条例」に基づく開発事業等構想届出書が市に提出された際は、関係所管課と協議の上、適切に助言、指導を行っていきます。

旧第四小学校跡地の再利用で賑わいと雇用を創出

国道254号(川越街道)に面した立地を活かし、新たな賑わいと雇用を生み出すための拠点として、民間企業等との連携を視野に入れた再活用を目指します。

[取組状況]

【主管課:まちづくり推進課】

  • 朝霞市都市計画マスタープラン(平成28年11月改訂)の将来都市構造に「まちづくり重点地区」として位置づけています。
  • 産業振興課と連携し、利活用可能性調査等の状況に応じて、都市計画変更の方向性を検討していきます。

【主管課:開発建築課】

  • 事業者から「朝霞市開発事業等の手続及び基準等に関する条例」に基づく開発事業等構想届出書が市に提出された際は、関係所管課と協議の上、適切に助言、指導を行っていきます。

【主管課:産業振興課】

  • 利活用に係る調査を行い課題等の抽出を行いました。
  • 平成28年度は、利活用に係る調査及び庁内調整を行いました。平成29年度以降も利活用に係る可能性調査等を行います。
  • 平成29年6月19日、市の庁議において、跡地の利用方針を商業系から工業系の土地利用に変更することを決定いたしました。
  • 平成29年6月26日、市議会全員協議会にて、東証一部上場企業(製造業)が、跡地へ移転を検討していることを報告いたしました。