トップページ
プロフィール
アクションプラン
これまでの実績
フォトレポート
アクションプラン実施状況 実施状況

アクションプラン1 強靭な朝霞を創ります!

集中豪雨に対処するため雨水管理総合計画による対策実施

計画的対策を進め、重点対策地区の溝沼・膝折地区等に貯留管や貯留施設を設置します。

[取組状況]

【主管課:下水道施設課】

<令和2年度までの取り組み>
  • 近年、下水道(雨水)の能力を上回る局地的な大雨や台風による浸水被害が多発していることを踏まえ、「雨水管理総合計画」を令和元年8月に策定しました。
  • 令和2年度の浸水対策として、『朝霞市雨水管理総合計画』に基づき、溝沼地区の整備計画に位置付けたポンプ場及び調整池築造予定地の用地買収が完了しました。
<令和3年度以降の取り組み>
  • 令和3年度からの浸水対策として、『朝霞市雨水管理総合計画』に基づき、溝沼地区の整備計画に位置付けた調整池築造工事を令和3年度から令和4年度の継続事業で実施します。(※継続費内訳 R3:200,000千円、R4:650,000千円)
    現在、9月発注に向け、入札手続きを進めています。
  • 令和5年度から令和6年度の継続事業でポンプ施設建設工事、令和6年度から令和7年度の継続事業で雨水を速やかに施設に引き込むための雨水幹線工事を予定しています。

洪水氾濫抑止へ、黒目川の河川改修を促進

黒目川の河床掘削、第三中学校付近や田島地区の堤防嵩上げを埼玉県に働きかけます。

[取組状況]

【主管課:道路整備課・危機管理室】

  • 埼玉県への要望を継続的に行うため、今後も関係各課と連携を図ります。
<要望内容>
  • 黒目川の水位がこの数年で何度も氾濫危険水位を超えるようになったことに対する原因の究明を要望します。
  • 川底に堆積した土砂を取り除くことを目的とした浚渫工事の実施を要望します。
  • 流下面積を広げるための河道掘削の実施を要望します。
  • 令和2年度に実現した第三中学校付近の堤防嵩上げ工事に引き続き、下流域の田島地区の堤防嵩上げ工事を要望します。

新型コロナウイルス感染対策を考慮した災害避難所の整備

災害避難所に感染対策のためのパーティションや衛生用品配備を充実させます。

[取組状況]

【主管課:障害福祉課】

  • 福祉避難所の機能の充実を図るため、避難生活や福祉避難所の運営に必要となる物資等の購入に係る経費として、令和2年度は市内の福祉避難所(8か所)に朝霞市福祉避難所運営費補助金を交付しました。
  • 令和3年度は新たに協定を結ぶ福祉避難所等(2か所)に1か所あたり、上限20万円の交付を予定しています。

【主管課:危機管理室】

  • 令和3年3月末までに、風水害時に開設する指定避難所を中心に、16か所の避難所に感染対策のため、間仕切りパーティションや折り畳みベッド等を配備しました。
  • 令和3年度は避難所受付の際に飛沫対策として設置するアクリル板及びアルコール消毒液等の衛生用品の充実を図ります。また、訓練等を行うことにより配備した物品の適正な運用の理解を促し、円滑な避難所運営が行われるよう取り組んでいきます。

感染症リスクの高い高齢者施設等への感染予防対策を実施

高齢者施設への感染症予防指導を実施し、衛生用品等配備を充実させます。

[取組状況]

【主管課:長寿はつらつ課】

  • 市内介護サービス事業所等を対象とした感染症対策研修会を実施し、感染予防対策の充実を図ります。
  • 市指定の地域密着型サービス事業所の巡回を実施し、事業所内の感染症対策実施状況を確認・指導の上、施設の感染予防対策の充実を図ります。
  • 市から市内介護事業所及び障害者施設にマスクを配布し、衛生用品等の配備の充実を図ります。
     国買い上げの使い捨て手袋の配布(4月23日~)
  • 通所系サービスを利用し自力で移動することが困難な高齢者の、新型コロナウイルスワクチン接種会場までの移送を支援した、市内通所系サービス事業所に対して、補助金を交付して感染予防対策を推進します。