トップページ
プロフィール
アクションプラン
これまでの実績
フォトレポート
政策実行宣言 実施状況(平成20年7月1日現在)
私が朝霞市長選に立候補した際に策定したマニフェストの平成17年度における実施状況をまとめました。
今後も、より多くの政策の実現に向けて全力を傾注してまいりますので、皆様の暖かいご支援、ご協力をお願いいたします。
5.活力ある地域社会をつくります
~地場産業の振興、発展のために~

商工会との連携の強化(2年以内)

商工会との連携体制の強化を図ります。

【主管課:産業振興課】

  • 朝霞市商工会を産業文化センターの指定管理者へ指定(平成17年12月)
  • 商工会との連絡会議を設置(平成17年12月)
  • 産業文化センターを指定管理者制度へ移行(平成18年4月)
  • 起業家育成支援事業を朝霞市商工会と連携し実施(平成19年7月)

【主管課:図書館】

  • ビジネス支援サービス事業を朝霞市商工会と連携(平成19年7月)
市民起業家、ベンチャー支援のための窓口設置(2年以内)

活力ある地域社会をつくるため、起業・創業者を支援します。

【主管課:産業振興課】

  • 埼玉県創業・ベンチャー支援センターに職員を1名派遣(平成18年4月)
  • 起業・創業支援事業(案)策定済み(18年12月)
  • 県、商工会との共催で「創業支援セミナー」を実施(平成19年2月17日)
  • 平成19年7月に朝霞市起業家育成支援センターを設置
  • 起業家育成相談事業を実施
    ・平成19年度相談実績(創業前7名 創業後9名 計16名)
    ・平成20年度相談実績(創業前15名 創業後5名 計20名)
  • 起業家育成支援セミナーを実施
    ・平成19年度セミナー開催状況(7月、11月、12月、2月、計4回開催)
    ・平成20年度セミナー開催状況(7月、10月に2回、2月、計4回開催)
  • 起業家育成資金融資制度を創設
    ・平成19年度融資実績(5件受付)
    ・平成20年度融資実績(1件受付)
  • 起業家育成資金融資制度の100%利子補給制度を創設

【主管課:図書館】

商店街活性化推進事業の支援の充実(2年以内)

TMO機関認定及びTMO構想事業を支援し、中心市街地の活性化を図ります。

【主管課:産業振興課】

  • 商店街の近代化と振興促進のため商店街整備補助金交付要綱を改定
<H17.6 改定概要>
補助対象 項目の拡大と明確化
補助率 1/3⇒2/3
<H18.10 改定概要>
補助対象 項目の拡大
  • 商業タウンマネージメント計画策定事業費補助制度を創設(平成17年6月)
<制度概要>
用途 TMO構想の策定
補助対象 TMO構想策定事業費
補助率 国1/3、市2/3
  • 中心市街地活性化基本計画に基づき朝霞市商工会をTMO機関に認定
    (平成18年3月)
  • 中心市街地活性化推進事業運営費補助金交付要綱を創設(平成18年5月)
    補助対象:朝霞TMOの運営経費  補助率:100%
  • 中心市街地活性化推進事業費補助金交付要綱を創設(平成18年7月)
    補助対象:朝霞TMO構想事業経費  補助率:2/3
  • 朝霞TMOに対しTMO運営費、TMO構想推進事業費の支援を実施(18年度)
<平成18年度TMO構想事業実施概要>

■朝霞駅前商店会 ~アート&ハート朝霞イベント~あさか駅前ふれあい祭り
平成18年11月19日実施

■朝霞本町商店会 ミニ水族館事業
商店会員27店舗に水槽を設置

■仲町商工振興会 公式ホームページ作成

■商店会合同事業 ポイントシール事業 彩夏ちゃんカード
ポイントカード導入に向けての期間限定による試験的な実施

(実施期間:11月19日~2月28日)

<平成19年度TMO構想事業実施概要>

■平成19年度第1回中心市街地活性化推進協議会開催(平成19年7月26日)
議事:19年度TMO構想事業計画の承認等

■3商店会合同事業 「ポイントシール事業 彩夏ちゃんカード」(実施期間11月3日~2月29日 33店舗参加)

■朝霞駅前商店会 第2回ふれあいまつり「ジャズの夕べ」(12月1日実施) 子供まつり(11月10日実施)

朝霞本町商店会 子ども祭りの開催(10月20日実施) 休み処の設置(2ヶ所)
          ミニ水族館事業(商店会員45店舗中31店舗に水槽を設置)

仲町商工振興会 ふれあいバザール(11月4日実施)

<平成20年度TMO構想事業実施状況>

■朝霞駅前商店会 第3回ふれあいまつり「ジャズの夕べ」(7月26日開催)、沖縄エイサー祭り(8月23日開催)

■朝霞本町商店会 子ども祭り(10月4日開催)
ミニ水族館事業継続実施

■仲町商工振興会 ふれあいバザール(11月2日開催)

■TMO及び商業部会・環境サービス部会「スタンプラリー事業」(実施期間3月28日~5月31日 30店舗参加)

↑ページの一番上へ

地域振興策としての通年イベントの企画、開催の検討(4年以内)

産業分野イベントの企画を検討開催することにより産業振興を図ります。

【主管課:産業振興課】

  • 検討中

彩夏祭の充実(2年以内)

彩夏祭を拡充することにより朝霞ブランドとして埼玉一の祭りを目指します。

【主管課:地域づくり支援課】

<制度概要>
朝霞市立中学校生徒で結成する鳴子チームの経費(衣装等)への補助金を交付
限度額 初年度100万円、2年目以降5年目まで10万円
平成18年度は第三中学校が参加
平成19年度は第三中学校と第五中学校が参加
平成20年度は第二中学校と第三中学校と第五中学校が参加
  • 市民まつり補助金を増額(H16:1400万円→H17:2000万円→H18:2100万円)
  • 彩夏祭の拡充
  1. 鳴子参加チームの増(H17実績:60チーム→H18実績:67チーム→H19実績:76チーム→H20実績:91チーム)
  2. 打ち上げ花火を増発(H17実績:6,000発→H18実績:7,300発→H19実績:7,500発)
  3. 鳴子踊りの流し踊り朝霞会場の第2会場を新設(H17)、拡充(H18)
  4. テレビ埼玉で彩夏祭の番組制作(H17、H18、H19、H20)
  5. よさこい関東大会グランドステージを開催(H18、H19、H20)
  6. 彩夏祭のシンボルキャラクターである「彩夏ちゃん」の着ぐるみを製作し活用(H19)
  7. 鳴子踊りの流し踊り朝霞会場の第2会場で審査を実施(H19)
  8. 青葉台公園芝生広場にステージを新設(H20)
  9. 朝霞会場の鳴子踊り流し会場を2会場から4会場に増設(H20)

↑ページの一番上へ

地産地消の推進(4年以内)

都市農業の振興と地域の連帯を深めるため農産物の地産池消を推進します。

【主管課:産業振興課】

<制度概要>
用途 野菜陳列棚の設置、庭先販売看板の設置
限度額 7万円
補助率 対象経費の1/2
対象者 直売農家
朝霞市地産地消推進事業費補助金交付
<平成18年度実績>
野菜棚設置 5戸 補助額171,000円
看板 1戸 補助額15,000円
  合計186,000円
<平成19年度実績>
野菜棚設置 1戸 補助額70,000円
  合計70,000円
農業体験事業の実施
平成18年度実績
田植 5月13日実施 参加者41名
ジャガイモ堀 6月24日実施 参加者109名
稲刈 9月16日実施 参加者22名
芋掘り 10月14日実施 参加者99組296名
にんじん堀 1月20日実施 参加者45名
平成19年度実績
田植 5月12日実施 参加者79名
ジャガイモ堀 5月26日実施 参加者100名
稲刈 9月15日実施 参加者68名
芋堀 10月13日実施 参加者322名
にんじん堀 2月16日実施 参加者20名
平成20年度実績
田植 5月10日実施 参加者68名
ジャガイモ堀 6月21日実施 参加者164名
稲刈 9月6日実施 参加者75名
芋堀 10月18日実施 参加者176名
にんじん堀 1月17日実施 参加者299名

↑ページの一番上へ